世代別ファッション

50代女性向け洋服レンタルサービス紹介!難しい50代女性ファッションの頼もしい味方

更新日:

こんにちはFRR管理人のえりりかです☆

ファッションって、年齢を重ねていくごとに難しくなっていきませんか?

若い頃はどんなファッションをしていても、周りが寛容で、受け入れてもらえたりしますが、年齢を重ねるごとにTPOに合った常識的なファッションが求められます。

ここでは、50代のファッションについて、その傾向や特徴、さらには50代女性におすすめしたい洋服レンタルサービスを紹介していきますね。

50代女性のファッションの特徴とは

50代女性のファッショは、体型の変化や大人らしさへの対応、若さと落ち着きのバランスが難しいという特徴が挙げられます。

50代にもなってくると、体型の維持を心がけていても、若い頃以上にその維持が難しくなってきます。

そういった体型の変化に合わせつつ、美しく見せるファッションでカッコよくキメたいものですよね。

また、50代というと、子供がいる場合、成人される子供もいると思います。

そういった自分の子供や、さらにいうと、年齢が一回りも下の社員の見本となるような大人らしさを見せることが求められます。

洋服レンタルサービスでは、こういったコーディネートの難しい50代女性のファッションの提案してくれるので、ぜひ見て欲しいですね。

50代女性におすすめの洋服レンタルサービスの紹介

おすすめの洋服レンタルサービスはブリスタ、エアークローゼット、cariruが挙げられます。

ブリスタ

Bristaブリスタ

ブリスタは質の高い洋服、フォーマルな洋服を多く取り扱っている傾向です。

50代女性はファストファッションで身を包むのも良いですが、やはり質の高いものを着るのもおすすめします。

また、結婚式や二次会、忘年会、新年会などのパーティー、冠婚葬祭への参加が多いという人もいると思います。

ブリスタはフォーマルな洋服の取り扱いもありますから、そういった場面での利用でも便利です。

さらに、服を汚しても、シミ抜きなどの追加の請求はないので気軽に利用できるのもポイントです。

ファッションに質を求める女性の方向けですね。

ブリスタの口コミ、詳細

エアークローゼット

airCloset

エアークローゼットは年齢や体型に合ったコーディネートを、プロのスタイリストが提案してくれる洋服レンタルサービスになります。

また、洋服も直接バイヤーがブランドから買い付けをしているという品質管理へのこだわりが特徴で、50代女性にマッチした服も多いです。

今の自分の体型に合ったオシャレなコーディネートを、プロのスタイリストが提案してくれる点でもおすすめしたい洋服レンタルサービスです。

エアークローゼットの洋服の傾向としては、オシャレカジュアル。

敷居が高くないファッションスタイルで、地味ではなく、派手でもないので、オフィスワークや普段着などで活用できます。

コーディネートに自信のない方へ、特におすすめしたいですね。

エアークローゼットの口コミ、詳細

カリル(cariru)

カリル(Cariru)は豊富な洋服のラインナップを誇り、人気ブランドからハイブランドまで取り揃えた、幅広いジャンルに渡っているという傾向があります。

個性を出したい人は、こういった選択肢の多さは大きなメリットです。

また、入会金や月額料不要なので余計な固定費を抱えない分お財布にも優しい点もおすすめできるポイントと言えます。

個性を出したい方へ特におすすめです。

カリルの口コミ、詳細

洋服レンタルサービスのデメリットについて

洋服レンタルサービスはデメリットもいくつか存在します。

誰かが着たことがある服が送られてくる

洋服レンタルサービスなので、自分以外の誰かが着た服を借りることになります。

もちろん、洗濯やクリーニングをして届けられていますが、人の着た服を着るのに抵抗がある方はデメリットではないでしょうか。

返却する必要がある

返却に手間がかかるという点もデメリットです。

コンビニや郵送会社にもっていくというのは面倒ではないでしょうか。

しかし、今は長期で借りているともらえたり、買取が可能なものもあるので、気になる洋服レンタルサービスをチェックしてみて下さい。

自分の好み服じゃないこともある

スタイリストがコーディネートする洋服レンタルサービスは、自分の意図しないコーディネートであったり、気に入らないコーディネートの場合もあります。

以上のようなデメリットもあるので、注意しておく必要があります。

洋服レンタルサービスのメリット

着たことがない洋服に挑戦できる

レンタルなので、今まで着たくても着られなかったハイブランドの服や、興味はあるけど買うほどでもない服が着れます。

洋服が家にたまらない

服を買うわけではないので、洋服のスペースが少なくて済んだり、片付ける手間が要らないなどの、時短や衣服スペースの点から大きなメリットです。

その時の体型に合ったファッションが楽しめる

歳を重ねると体型も変化しがちで、今まで買った服が着られないことがあるのも現実です。

しかし、レンタルであれば、その時その時の自分にフィットした服が選べて、体型に合わせたオシャレが楽しめます。

コーディネートが苦手な50代女性は洋服レンタルが活用できる

50代はファッションが難しい時期でもあります。

あまりに若々しいと若作りであったり、何となくみっともなかったり、逆に落ち着きすぎたファッションであると妙に老け込んで見えたり、高齢者のように見られてしまったりと、バランス感覚を問われる世代です。

50代でファッションを楽しもうと思ったら、洋服レンタルサービスを利用することで、様々なファッションに挑戦できたり、意外な自分が再発見できます。

もし、50代の方で自分のコーディネートが難しい、新しいファッションを再発見したいと感じている方がいらっしゃれば、洋服レンタルサービスを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

50代女性は往年のクラシカルファッションが最もよく合う!

50代になると「オシャレはしたいけれどどういった感じが合うんだろう…?」といったファッションの悩みを持つ方もいるでしょう。

最近では年齢より若く見せることに価値があるように思われていますが、ローレン・バコールやグレース・ケリーなどの50年代や60年代の銀幕の女優さんのような、大人の女性の成熟した美しさやエレガンスさを纏うことが、50代女性の最も合った雰囲気ではないでしょうか。

ということで、ここでは往年の女優やファッションアイコンから、50代女性のファッションに参考になることを集めてみました。

キャサリン・ヘプバーンを参考にした50代女性の春コーデ

参照:キャサリン・ヘプバーン - Wikipedia

ジャケットが必要な日があったり、薄手の長袖で事足りる日があったり、ただでさえ何を着たら良いか難しい季節の春物ファッションですが、羽織るもの一枚持ってシャツパンツなシンプルスタイルで乗り切りましょう。

キャサリン・ヘプバーンという名女優の写真集で印象的だったのはタートルのカットソーにストライプの男物のシャツを合わせ、ボトムスは大きめのチノパンというスタイリングでした。

足元はスニーカーでしたが、流行りのレザーローファーなんかでも良いと思います。

ついつい中途半端にスキニーなジーンズやガウチョパンツを選んでしまいがちになりますが、ちょっと大きめのメンズライクのチノパンを合わせることでシックなイメージになります。

同じく、チノパンとシャツの組み合わせですぐ真似できるのは、ダイアン・キートンです。

ダイアン・キートンのコーディネートは当時話題になりましたが、長いブラウスや薄手のニットにパンツを合わせたり、スカーフ使いなど50代にしっくりくるブラウス、シャツ、パンツのコーディネートがたくさん出てきます。

向田邦子を参考にした50代女性の夏コーデ

参照:紅華:☆ 向田邦子の世界展 ☆

厳密に言えば女優ではありませんが、脚本家・作家の向田邦子のコーディネートは50代の女性の教科書。

彼女が着るものにこだわっていたことは有名で、美しいポートレートを見たことのある人も多いと思います。

実際、写真集などに収録されているのは20代から30代くらいのものだと思いますが、時代は50年代から60年代、ファッションのテイストが非常にエレガントでレディライクな時代のものなので現代の50代の女性がそのまま来てもおかしくないものが多数あります。

例えば、黒のフレンチスリーブのサマーニットにひざ下丈の黒のタイトスカート、そして黒いハイヒールにボルドーのリップ、髪はウエッティなショートボブでバケツ型の黒のハンドバッグを持っているコーディネートなどは年令も時代も飛び越えたシックな装いです。

または、ナチュラルカラーの麻でつくったlラインのワンピースを、太めのベルトでマークしているスタイリングなども大人の女性のためのスタイリングといえます。

ジェーン・バーキンを参考にした50代女性の秋コーデ

参照:ジェーンバーキンのファッション・髪型・かごまとめ!

言わずと知れたファッションアイコン、ジェーン・バーキンは20代の女の子たちにも人気ですが、彼女の本領が発揮されたのはおそらく40代からではないでしょうか。

80年代の彼女の作品、「カンフーマスター」は衣装をアニエス・ベーが担当しているだけあって大人のカジュアルコーデが多数見られます。

彼女のスタイルの定番となったグレーのVネックニットにジーンズという姿やベージュのトレンチコートに黒い紳士物の傘、またグレーのフレアスカートに赤いニット、そして娘の担任に会いに行く時に着て行くスーツとパールのネックレスの使い方などが参考になります。

若い女性にはあまり出せない、ちょっと枯れたニュアンスのあるコーディネートがとてもシックに見えましたが、きっと日本人の女性が真似してもステキだと思います。

アヌーク・エーメを参考にした50代女性の冬コーデ

参照:Mouton Coat Collection

実用一辺倒にダウンコートもいいのですが、ここは同じモコモコなのであればムートンコートを着て、冬のパリを気取りましょう。

色はキャメル、茶、黒でなるべくフェイクのものにあるようなノーカラーデザインなどではなく首元にボリュームのあるクラシカルなデザインがオススメです。

参考となる女優はアヌーク・エーメ。

とにかくムートンはあたたかいのですが、通常のコートと比べてカジュアルで嫌味がないのでコーディネートしやすいです。

黒のタートルに合わせても良し、アヌーク・エーメづぽく大きめのVネックのニットにタイトスカートとロングブーツを合わせてもエレガントに着こなせます。

どう考えてもツインテールや前髪ぱっつんのロングヘアではあの雰囲気は出せないので、やっぱりオトナの女性の特権といえるスタイリングだと思われます。

おわりに

一昔前、スター候補となる新しい若い女の子がデビューした際には「キレイ!」、「大人っぽい!」とみんなが驚き、夢中になったものですが、今は逆で、40歳を過ぎているのに「20代にみえる」、「カワイイ!」、「若い!」というのがとても重要なセールスポイントになったりしますよね。

でもそれって、何だかとても不自然な感じがしませんか?

憧れる大人が少なくなったというのも要因だとは思うのですが、やはり若い女の子は背伸びをするべきだと思うし、大人の女性は成熟したエレガンスな雰囲気を醸し出すべきだと思うのです。

色々な事において簡素化、カジュアル化が進む現代ですが、大人の女性たちには往年の名女優たちのように優雅で、少々めんどくさいハンドバッグや白粉コンパクトなどを持ち歩きつつ、ヒールのある靴でモデルのように歩いて欲しいと思います。

みなさんも女優を参考に、ステキにクラシカルに着こなしてくださいね!

-世代別ファッション

Copyright© 【ファッションレンタルおすすめ比較2019】定額制洋服レンタルサービスの口コミ評判を調査 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.