ファッションコラム

もう困らない!マタニティドレスの上手な選び方とおすすめのレンタルサービス

更新日:

マタニティドレスは急に必要になってくる?

マタニティドレスとは、妊娠中の女性が結婚式やパーティーなどで着るドレスのことをいいます。

入学式や卒業式などの式典に参加するときに着用することも考えられるので、意外と重要度の高い洋服といっても過言ではありません。

このような冠婚葬祭は急に訪れるものなので、大人の女性の心得として、一着くらいは持っていてもいいものだと思います。

ここではマタニティドレスの種類や上手な選び方を紹介したいと思います。

マタニティドレスの上手な選び方を覚えよう

妊娠初期はサイズに余裕のあるものを

妊娠2~4ヶ月の妊娠初期は、お腹のふくらみが目立ちにくいので、普通のドレスでかまわないと考える人が多いです。

しかし、この時期は体調が安定していないため、体を締めつけるデザインのドレスを着ると、具合が悪くなることが考えられます。

それを避けるためにも、ウエストやバストに余裕のあるデザインを選ぶことが大切です。

こういったデザインを選べば、体が変化する妊娠初期から中期へと、長い期間マタニティドレスを着用することもできます。

妊娠中期はスカート丈にも注意

妊娠5~7ヶ月目の中期は安定期になるころですが、お腹がふっくらと目立ちはじめ、普段、着ていたものが徐々に着られなくなってきます。

お腹と同様に、ウエスト周りもふっくらとしますし、バストやヒップのサイズ・腕まわりなども変わってくるので注意が必要です。

さらに、妊娠中期からはお腹が大きくなり、スカートの裾が上に引っ張られやすくなります。

ミニスカートタイプのドレスだと、想像以上にスカート丈が短くなる可能性もあるので、丈の長いドレスを選ぶようにしましょう。

妊娠後期はシンプルなデザインを選ぼう

妊娠8~10ヶ月の妊娠後期は、出産間近ということもありウエストが非常に目立ちます。

大きくなったお腹によって胃が圧迫され、具合が悪くなることも多いので、締めつけのないマタニティドレスが選ぶことが第一条件になってきます。

さらに妊娠後期は、立ったり歩いたりという日常的な動作も大きな負担になるので、これらの動作をスムーズにおこなえるようにシンプルなデザインを選ぶように心がけましょう。

脱ぎ着がしやすいものを選ぶことで、トイレが楽におこなえます。

また、ドレスによっては生地が薄かったり、スカートやデコルテなどを肌を出すデザインであれば、体が冷えやすいという特徴があります。

妊娠後期は特に体を冷やさないためにも、ボレロやストールを利用するのがおすすめです。

マタニティドレスの種類をチェック

では、マタニティドレスにはどういった種類があるのでしょうか。

Iラインはすっきりしたシルエットが魅力

Iラインのドレスは、胸元から裾にかけて直線的なすっきりとしたシルエットが特徴的なドレスです。

箱形の形状をしているため、ボックスラインと呼ばれることもあります。

Iラインのドレスはウエストを締めつけていないので、マタニティドレスとして使用するのはもちろん、体のラインを強調したくないという人にも最適です。

ドレスというとレースやフリルがひらひらしているという印象がありますが、Iラインはひらひら感が少ないのでスタイリッシュに着こなせるのが大きな魅力です。

スカートの広がりが華やかなAライン

Aラインのドレスはアルファベットの「A」のような形をしているのが特徴で、スカートが裾に向けて広がっています。

そのためIラインのドレスよりも華やかな印象を与えることができます。

お腹まわりを締めつけずに、女性らしいラインを見せることができるので、マタニティドレスとしてだけではなく、あらゆる体型の人も選びやすいデザインです。

これに加えて、予想以上にお腹が大きくなっても対応しやすいというメリットもあります。

エンパイヤラインは落ち着いたエレガントな印象

エンパイヤラインはバスト部分の下に切り替えがあるのが特徴です。

そこから直線的にスカートがのび、ロングドレスとの相性がいいというメリットがあります。

Aラインのドレスと似ているデザインですが、落ち着きのあるエレガントな雰囲気が魅力のドレスデザインと言えます。

さらにウエストの上に切り替えがあるので足長効果が得られるのがメリットです。

妊娠期間中はヒールの低い靴を履きたいですが、エンパイヤラインのドレスを選ぶことで低い靴でもスタイル良く着こなせるのがメリットです。

マタニティドレスをレンタルするメリット

マタニティ期間は体型の変化が大きく、早めにドレスを購入すると、お腹がふくらんで着れらなくなることも少なくありません。

ですが洋服レンタルサービスを利用すれば、サイズ変更も簡単にできるのが魅力です。

これに加えて、ストールやカバンなどの小物と一緒にレンタルすることもできるので、トータルコーディネイトしやすいのも嬉しいポイントと言えます。

ドレスを購入した場合、着用したあとはクリーニングのメンテナンスが必要になってきますが、レンタルならそれを省くこともできます。

妊娠期間中は体調が優れず、なかなか外出しづらくなってきますが、マタニティレンタルはカタログやネットですることができるので、気軽に利用することも可能です。

まとめ

マタニティドレスというと、お腹をカバーするためおしゃれなデザインがないという印象が強いですが、レンタルすることで、専門店ならではの豊富なデザインの中から選ぶことが可能です。

その結果、満足できる一着を利用することが期待できます。

さらに色やドレスの形・スカートの長さなど、こだわって選ぶこともできるので、レンタルならではの特徴と言えます。

マタニティドレスを着用したクチコミなどもチェックすれば、さらに素敵なドレスを選ぶことができます。

-ファッションコラム

Copyright© ファッションレンタルおすすめ比較2018|洋服レンタルサービスの口コミ評判を徹底的に比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.