洋服レンタルQ&A

洋服レンタルは「店舗型」と「ネット型」どっちがいいの?

更新日:

こんにちは、FRR管理人のえりりかです☆

洋服のレンタルサービスは主に、

  • インターネットで注文するネット型
  • 直接、店舗で気に入った洋服をレンタルする店舗型

の2つの形態に分かれています。

ここでは、それぞれのサービスの違いと、店舗型洋服レンタルのメリット・デメリットについて紹介していきますね。

ネット型と店舗型の洋服レンタルサービスは、一体どちらの方が魅力的なサービスになるのでしょうか??

ネット型と店舗型の洋服レンタルの違いとは?

ネット型と店舗型の大きな違いは、当然、「実店舗の有無」ということになります。

その他にも違いがあり、それぞれの特徴にもなっています。

店舗型の洋服レンタルは、直接、洋服を選べて当日試着できる

店舗の洋服レンタルは店舗で洋服をレンタルすることができるので、直接、目で見て、手で触れて試着することができます。

また、お店のスタッフと相談しながらスタイリングしてもらうことができるのも店舗の特徴です。

ネット型の場合、家に届いてから初めて直接見ることになります。

PC、スマホで確認しているとはいえ、実際の色や質感などが自分のイメージと違うこともあります。

さらに、スタイリングの提案なども同封の書面やメッセージで、となってしまいます。

ネット型の方がアイテム数が多い

アパレルショップなどが運営している店舗の洋服レンタルでは、アイテム数は200~300点程となっています。

しかし、ネット型の場合、大きな倉庫に大量の洋服をストックしてあるので、数万点にもなります。

そのためネット型と店舗型の違いは、用意している洋服のアイテム数に大きな違いがあります。

人気の店舗型の洋服レンタルサービス「エアクロエイブル(airCloset×ABLE)」

HP:http://aircloset.able.co.jp/

人気の店舗型レンタルサービスにエアクロエイブルがあります。

エアクロエイブルは東京都渋谷区にあり、店舗の1階部分がファッションレンタルサービスとなり、2階部分が個人向けスタイリング専用スペースということになっています。

洋服のアイテムは200~300くらいになり、料金は当日だけならば1点1,800円でレンタルすることができます。

また、6泊7日のレンタル料金は2,200円になり、13泊14日という長い期間のレンタル料金は3,600円になっています。

期間 1点
当日 1,800円
6泊7日 2,200円
13泊14日 3,600円

店舗型の洋服レンタルのメリット・デメリットとは?

店舗の洋服レンタルのメリットは、直接店舗で試着できることやスタッフにその場でスタイリングを手伝ってもらえるなどがあります。

その他にもメリットがあり、またデメリットもあるので店舗型の洋服レンタルのメリット・デメリットを見ていきましょう。

店舗型のメリット

当日で、その日のうちにレンタルできる

店舗型のメリットはその日のうちに好きな洋服をレンタルできるということが挙げられます。

インターネットでのネット型では洋服が届くまでには2~3日は掛かってしまいます。

急なイベントが入ったとしても店舗型であれば、すぐに洋服をレンタルすることができます。

送料が掛からない

ネット型の場合では宅配便などで洋服を届ける必要があるため、送料が掛かってしまいます。

一方、店舗型であれば、レンタル料金以外は掛かりません。

店舗型のデメリット

アイテム数が少ない

店舗型の大きなデメリットは、洋服などのアイテム数が少ない場合があります。

ネット型の場合では数万アイテムという大量の洋服を取り揃えているところもあり、ネット型とアイテム数を比較してしまうと、限られた数の中からのレンタルということになります。

場所によっては行きにくい

店舗型レンタルサービスが、住んでいる場所の近くにある人は良いですが、遠方の人は行きにくいという点も挙げられます。

かなり良いという口コミや噂があっても、遠方であれば行くのを躊躇してしまいますよね。

洋服をレンタルするならインターネットでのネット型がオススメ!

実は、店舗型の洋服レンタルはまだ東京などの首都圏や都市部にしかなく、地方に住んでいる人には店舗型の洋服レンタルというものはあまりお勧めできません。

そのため、一般的に洋服レンタルをするにはインターネットでのネット型の方がオススメです。

ネット型の方が洋服のアイテム数が圧倒的に多く、24時間いつでも手軽に利用できます。

送料などは掛かってしまいますが、今のネット型の洋服レンタルでは

  • 送料無料
  • もしくは、送料も利用料金に含まれている

なので、ネット型の洋服レンタルを利用すれば送料の負担も軽くなります。

洋服レンタルの店舗形態の違いのまとめ

洋服レンタルのネット型と店舗型の違いをピックアップしてみましたが、店舗型が近くにあるのならば店舗型の方がすぐに利用することができますが、店舗型の洋服レンタルというものはまだまだ少ないのが現状です。

そのため、今では洋服をレンタルするならばインターネットでのネット型の方が主流で人気のサービスとなっています。

ネット型の洋服レンタルは今では若い女性に人気のサービスで利用している人も多く、月々の洋服代などを節約するにはオススメのサービスとなっています。

-洋服レンタルQ&A

Copyright© 【ファッションレンタルおすすめ比較2019】定額制洋服レンタルサービスの口コミ評判を調査 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.